読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

家でカラオケができる!?マイクを持って家族で歌っちゃおう♪

自宅でカラオケができたら楽しいですよね!

YouTubeでもカラオケ用の動画がアップされていて、それを見ながら歌っていたこともありました。

 

でもある日、家でマイクを使う本格的なカラオケに出会ったのです(*´∀`*)

 

ある日、友人の家に招かれて家飲みをしました。

おしゃべりしながら楽しく飲んでいると、友人が「カラオケできるよ♪」と言うのです。

わたし「???」

一緒に行った友人が以前もやったようで、慣れた様子で曲を選んで歌っているではありませんか!!

 

すご~い(*゚д゚*)

テンション上がりまくりの私。

家でカラオケできるなんて思っていませんでしたから。

私が知っているのは8トラとかいうの。昔、実家にありましたけど。(え、知らないって?)

 

若い頃は飲みに行ってその後はカラオケ~♪の流れが好きでしたが、子どもができてからは一切無くなったので、うれしくてたまりませんでしたね。

調子にのって何曲も歌っていました(*´艸`*)

 

家で歌えるカラオケって何?

自宅でもやりたくなって、翌日ネットで調べてみると…

友人宅でやったおうちカラオケはゲーム機『Wii U』の『WiiカラオケU』というものでした。

 

JOYSOUNDの家庭用カラオケだそうで、PS4、PS3、Wii U、Wii、テレビ、パソコンネット環境があれば流行りの曲も歌えちゃうんです!

 

 詳しくはコチラのサイトでご確認ください。

living.joysound.com

 

なんと、我が家にあるWiiでもできるじゃありませんか!!

これはもう揃えるしかない!!と思い、必要なモノを調べて購入。

 

Wii カラオケで準備するモノ 

って買うものマイクだけだし(笑)

しかも1,600円ほどで買えました! もう1本買おうか迷い中。

Wii Uマイク

※Wiiでやる場合はこの有線タイプのマイクのみ対応してるようです

 

ゲームソフトでは無くオンラインなので、ネット環境が必要です。

あと当たり前だけどテレビ!

 

マイクを購入して、あとはWiiポイント309Wiiポイントを使ってWiiウェア版を購入。

※WiiポイントはWiiをインターネット接続してあれば購入できます

 

Wiiのメニュー画面にカラオケJOYSOUND Wii が表示されるので、立ち上げましょう。

 

歌ってみよう♪

 

f:id:setuyakuhappylife:20150702120006j:plain

チケット購入のメニューから、チケット1日券=309Wiiポイント=309円分を購入します。

(Wiiウェア版を購入すると1日券が付いています)

1日券で24時間歌い放題です。

 

あとはテレビ画面を見ながら曲を選択して歌うだけ!

オンラインなので、流行りの曲も入ってます(o^^o) 

f:id:setuyakuhappylife:20150702121401j:plain

Wiiの場合はWiiリモコンでテレビ画面の横に表示されるメニューから選曲できます。

Wii Uの場合はWii U GamePadで選曲できるので、本当にカラオケ店にいるかのようでしたね。

 

あと設定すれば採点もしてくれます。

ひとりでこっそりカラオケ練習するのもいいですね(*´∀`*)

 

歌っている最中はMiiが踊ります(笑)

盛り上がりすぎて写真撮るの忘れましたけど(´・ω・`)

 

まとめ

カラオケ店に行くと時間制限があったり、持ち込み禁止な場合が多くて飲み物やつまみ代も掛かりますよね。家族で行くと結構お金が掛かります。

 

一方、環境が整ってしまえばあとは1日券309円分で格安だし、持ち込みOKなおうちカラオケ。

家族で気軽に楽しめるので検討してみては?

 

ストレス発散にもなるしいいですよ♪

あ、くれぐれも近所迷惑にはお気をつけください。

 

家にいながらカラオケできるなんて本当に嬉しすぎる!!

なんでもっと早く誰か教えてくれなかったの?

え、みんな知ってました??

 

WiiとWiiUどちらでも使える有線タイプ

 

Wii Uの方はワイヤレスマイクが便利です♪(ちょっと高いけど)

音漏れが気になる方はコチラも一緒にどうぞ

 

結局、我が家では私より乗り気でなかった旦那が一番ハマって熱唱してました(笑)

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。