読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

医療費控除受けられる?2014年に掛かった医療費を計算してみました

 補助金・給付金
3歳の息子相手に本気で神経衰弱をやっているもっちです(。´・д・)エッ
子どもの記憶力ハンパないっす。
 
 
さて、ようやく2014年に掛かった医療費を計算してみました。
 

1年間の医療費

 
f:id:setuyakuhappylife:20150116105335j:plain
 
医療費の明細は1年分ファイルしてあります。
 
それを合計した金額はー、
59,020円でした。
 
10万円を超えると医療費控除が受けられるのですが、結論から言うと受けられない!という結果でした。
 
毎年受けるほど掛かっていません(o^^o)
健康第一!医療費が掛からないほうがいいですからね。
 

医療費控除について

今回改めて調べてみてわかったことをまとめておきます。
 

控除対象の医療費は?

病院の治療費、薬代はもちろん対象。
薬局で、買った風邪薬も対象。
病院までのタクシーや電車、バス代も対象。
なんと!禁煙外来に掛かった医療費もOKなんだって(*uωu*)σ
あとは歯科のインプラント治療もいいんだって♪
 
ダメなのはインフルエンザなどの予防接種。
病院までの自家用車のガソリン代。
健康増進のためのビタミン剤など。
 
子どもがいる方は、出産時に調べたことがあるハズ。
ただ、出産では一時金などで補填されるため、その分は差し引くことになります。
我が家は出産した年も超えませんでしたね。
 
子どもが小さいうちは医療費がかからないので、
かなり助かっています(o^^o)

申請

申請するのは去年1年分の医療費 2014年分は2014.1.1〜12.31
 
確定申告(2015.2.16〜3.16)の期間 又は
医療費控除のみ受ける場合は1月1日から5年間申請可能だそう。
 
 申請方法は私詳しくないので、ググってくださいw
 

まとめ

 住宅ローン控除を受けている家庭で、所得税がすべて返って来ているのであれば申請しても返還される分はありませんね。
 でも住民税が安くなるようなので、申請する意味はあります!
 
医療費明細は1年分は捨てずにとっておきましょうね(*´ω`*)
そして去年よく病院行ったって方は計算してみましょう!
 
©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。