節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活


スポンサーリンク

手帳に愛用中!A5サイズのバインダー コクヨ『キャンパスバインダー スマートリングBiz』が使いやすい!

私が最近愛用している手帳。

A5サイズのバインダーで、スケジュール帳やメモ帳として使っていますが、薄くて小さめのバッグにも入るので重宝しています。

とっても使いやすいのでその良さを語ってみようと思います。

きっとあなたも欲しくなる!(笑)

 

 

コクヨ『キャンパスバインダー スマートリングBiz』のおすすめポイント

f:id:setuyakuhappylife:20180110181159p:plain

コクヨ『キャンパスバインダー スマートリングBiz(書類ポケット付き)』

写真はA5サイズで、B5サイズも販売されています。

Bizとついているところからわかるように、ビジネスシーンに利用できるようにデザインされているので、表紙の色も黒のみで中が透けない不透明色になっています。

 

私が愛用しているのはA5サイズ。

A4サイズの書類も半分に折って挟み込める大きさなんです。

小さすぎず、大きすぎずのベストだと感じています。

 

表紙が少し大きめでインデックスもはみ出さない

f:id:setuyakuhappylife:20180110182209p:plain

※私はスケジュール帳として使っていますが、購入時は方眼のルーズリーフがセットされています。

表紙はルーズリーフよりも大きめに作られているので、インデックスやふせんを貼ってもはみ出ないようになっています!

こういう気遣いは、地味にありがたいですね。

他と比較して最終的な決め手になったポイントです。

他にもスマートリングの商品が出ているんですが、表紙が大きく作られていないので間違えないようにしましょう。

 

裏表紙には書類ポケット付き!

f:id:setuyakuhappylife:20180110182202p:plain

写真では少しわかりにくいかもしれませんが、後ろには透明の書類ポケットがついていて、横から挟めるようになっています。

おけげでイベント、行事などのお便りを挟んでおけます。

切れ込みが入っているので、名刺やカードなどを入れておくことができて便利!

名刺を数枚忍ばせておけば、名刺入れを忘れたときにも助かりますね。

 

薄くてかさばらない

f:id:setuyakuhappylife:20180109130342p:plain

以前はカバー付きの手帳を使っていましたが、小さいバッグに入らなくて困っていました。でもどうしてもA5サイズを使いたかったんです…。

そこで文房具店でこのスマートリングBizを見つけたんですよ!

比べてみると、この薄さ!

最大収納枚数は25枚なので、多くはファイルできません。

でも持ち運ぶときにかさばらないし軽いし、めちゃくちゃ助かっています(*´∀`*)

 

スマートリングというだけあってスリムですよね。

リング部分はプラスチック製で、開くときは上のつまみを下に押すだけ。

しっかり開いてくれるので、差し替えもしやすいです。

 

くるっと折り返すこともできるので、メモを書くときも場所を取りません!

パソコンの横で書物をしたいときにもいいんですよ、これが。

やるな、このスマートリング。やっぱり便利だ(*´艸`*)

 

まとめ

以上、私が手帳として愛用しているコクヨの『キャンパスバインダー スマートリングBiz』の良さをご紹介しました。

薄くてかさばらないし、ふせんもはみ出さない、書類や名刺も挟める。

めちゃくちゃ使いやすいです、コレ。

 

ここまでお読みくださったあなた、ほら欲しくなったでしょ?

他にも似たような商品があると思いますので、間違えて購入しないようにしてくださいね!

スマートリングBizですよ!Bizがついてるヤツ!!

 

普通のルーズリーフのバインダーとして売られていますが、私は自作のリフィルを入れてスケジュール帳として使っています。

参考:予定管理はバインダーに自作リフィルを挟んで。2018年の私の手帳

手帳として使いたい方は、A5サイズは20穴になります。

システム手帳のものは6穴なので、リフィルを間違えないようにしてくださいね。

 

本音を言えば、コレの白が欲しいです。

コクヨさん、白も作ってくださーい(*´∀`*)

ちなみに写真にチラッと映っているピンクのふせんは、カンミ堂のココフセンです。

黒ケースのピンクを表紙裏に貼り付けていますよ。

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。