節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

肌断食と私がシンプルスキンケアになったワケ

あなたはどんな化粧水や保湿剤を使ってどんなお手入れをしていますか?

それって本当に必要なのかな?ちょっと考えてみてください。

 

私のスキンケア+メイク

20代の半ば頃までのお化粧は、 雑誌をお手本にスキンケア、メイクをしていました。

落とすときは汚れを残さないようにクレンジング、洗顔フォームでのダブル洗顔。

洗顔後は化粧水、保湿剤、美容液をつける。

 

それが当たり前だったし、ダブル洗顔と保湿をして、肌にいいことをしているって思い込んでいました。

 

節約をするうちに、化粧水を手作りしたり、美容液をやめたり、 ミネラルファンデにして、化粧下地をやめ、クレンジングもやめ、ファンデやアイシャドーも手作りして…。

髪はワックスから椿オイルに。

 

節約していく中で手作りのことを調べると、無添加で安く作れることがわかって、 しばらく手作りコスメで落ち着いていました。

 

トラブル発生!

2ヶ月程前に顔に吹出物?がとびひのようになってしまい、 顔の頬やあごあたりが赤く炎症を起こし、しばらくメイクができなくなりました(泣)

 

病院に行っても明確な原因もわからず…。

引っ越しをしたので、お水が変わったせいか。

化粧品が合わないか。(そんなに刺激の強いモノ使ってない)

はたまたシャンプーが合わないか。(そもそもシャンプー変えてない)

薬を処方してもらうも、治るまでには時間が掛かりました(;´д`)トホホ…

 

『肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法』

 

悩んでいるところに、1冊の本と出逢いました。

 

「宇津木式スキンケア」と呼ばれています。

「肌断食」といって、化粧水すらしないんです!

洗顔はぬるま湯のみで行い、洗顔後に乾燥が気になる場合はごく少量のワセリンを手のひらにつけて、手を当てるだけ。

まさに手当て究極のシンプルスキンケアです。

 

f:id:setuyakuhappylife:20150826110625j:plain

メイクしないほうが肌にいいのはわかってる。

でもメイクするから、クレンジングが必要。

クレンジングを落とすために洗顔をする。

ダブル洗顔をした肌はバリア機能を失っているから、保湿が必要。

 

これを読んで、なるほど~ってなりました。

クレンジングのために洗顔、ダブル洗顔のために保湿してたのか。。。って。

 

この本を読んだときの私は、 石けんで洗ったあとは手作りした化粧水だけのスキンケアをしていました。

手作りって余計なモノが入っていないので安心と思っていたけど、防腐剤も入っていません。

もしかして、肌トラブルはコレが原因のひとつかもと思いました。

化粧水すら無いほうが肌にいいのなら、やめてみよう。素直にそう思えました。

だって肌が悪い状態になれば、また戻せばいいんだもん。

少しずつシンプルにしていた私にはそんなに抵抗は無かったです。

 

肌は本来、自己回復機能をもっているんですよね、それを信じようと思いました。

皮膚科の薬すら途中で使用中止しました。

それでも、その後炎症は無事に治まり、少しだけ痕が残りました。

 

結局原因がなんだったのかはわかりません。

引越しして水が変わったせい?

石鹸が合わなかったせい?

化粧道具が汚れていたせいかな??

化粧水をしないで2ヶ月程経ちますが、特に乾燥も気になりません。

とってもラクです♪

 

いまはお出掛けのときにはファンデをするけど、普段はほとんどアイメイクのみ。

落とすときも泡立てた石鹸、あとはぬるま湯。

マスカラはお湯で落ちるタイプにしたけど、ほとんど使ってない。

化粧品代がほとんどかからなくなってしまいました~(笑)

 

<肌断食に、興味をお持ちの方へ>

元々しっかりメイクでダブル洗顔を続けていた肌に、いきなり肌断食はやめたほうがいいです。

いま使っているモノが無くなって新たに買うときに、肌にやさしいものに少しずつ変えていくといいと思います。

まずはクレンジングをしなくても、洗顔のみで落ちるモノを選んでみては?

いますぐ結果がわからないので、数年後続けてみてコレが正解だったのかがわかるんだと思います。

 

でもナチュラルな自分、シンプルスキンケアはラクだし気持ちいいですよ(o^^o)

マスクにファンデつかないし(笑)

 

setuyakuhappylife.hatenablog.com

 

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。