読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

年度支出表(年払い・特别費)はエクセルで作る!もっち家2017年度版公開

春休みが終わってようやくパソコンや家計簿に向かう時間ができました(*´ω`*)

我が家は年度で家計管理をしているので、家計も新年度を迎えました。

家計簿はルーズリーフを使った手書きでつけていますが、年度の支出はExcelで表を作って印刷。家計簿と一緒にバインダーに挟んでいます。

 

税金や保険料などの年払いするものや、誕生日やクリスマスなどのイベント費など、あらかじめわかっている1年分の支出をまとめておくと管理がラクになり、家計も安定するので、まだやったことがない人は年度支出表を作成してみましょう!

2017年度のもっち家の年払い・特别費の支出をまとめたので公開しちゃいます(*´∀`*)

 

2017年度もっち家の年度支出表

f:id:setuyakuhappylife:20170410095906p:plain

 

年度支出表は、保険や税金、イベントなどの支出がある月毎に書き出します。

固は固定費。年払いの確実に支払わなければいけない費目。ここは毎月「年払い積立」として積み立てていきます。

変は変動費。イベント費などの費用はボーナスから取り置いておきます。もしボーナスが減ってしまったら予算を減らすことも考えます。

 

ボーナスに頼ってしまうと年払いの保険や税金が払えなくなってしまいますよね。

なるべくボーナスに頼らないように毎月積立てをして、そこから払うようしています。

 

主な年度支出

私の健康診断費

自治会費・子供会費

習い事の年会費

自動車税・保険料・点検代

固定資産税

医療保険・生命保険

(NHKはお義母さん負担)

 

家族の誕生日・記念日

クリスマス・年末年始・バレンタインなど

年賀状

お年玉

お中元・お歳暮・お年賀

お祭り費用 などです。

 

わかっている支出があれば、毎月積み立てるかボーナスで取り置くことで、臨時出費が減り、安定して家計管理をすることができます。

 

もしこれ以外で想定しない臨時支出がある場合は、毎月の家計の予備費で対応するか、ボーナスで買い物費などを作っておいて、そこから支払うようにしています。

 

2017年度の積立額

年間の金額を見直したら、月々の積立額まで自動的に計算されるように表を作ります。

Excelで表を作ると、勝手に計算してくれるのでラクですね。

f:id:setuyakuhappylife:20170410105043p:plain

2017年度は、42,000円毎月積み立てることになりました。

ボーナスでは、夏 37,000円、冬 50,000円取っておく計画です。

 

車の点検・車検代

車検と点検が毎年交互にやってくるので、管理しにくいですよね。

この場合は、2年間の平均で予算を取るようにします。

 

車検が10万円、点検が2万円掛かるとします。

合計12万円を2年で貯めるので、1年で6万円貯める計画をしておけばOK。

こうすれば、2台所有している場合でも、同じ年に車検が来てしまっても「車検のある年は大変だ!」とならずに済みますよ!

 

年度支出分は積立口座へ!

税金用やら、保険用、イベント用などと、口座や封筒を分けていてはいくつあっても足りませんよね。

計算した年度支出は、すべて1つの積立用の口座へ入れてしまいます。表で管理しているので、いちいち分けなくてもOKなんです。

これでシンプルに管理することができますね!

 

あとは支出がある月に、引出したり支払口座へ移動させたりします。

予算オーバーしそうなときだけ他から補填するなどして、気をつけましょう。

 

まとめ

ある程度支出は予定がわかっていますよね。

予算をしっかり組んで、なるべく臨時支出を無くすことで安定した家計にすることができます。

安定した家計は、ストレスは溜まりにくく、お金は貯まりやすいですよ(*´艸`*)

 

実際我が家もこれをやりはじめてから、家計が安定して赤字の月が減り、貯金もできるようになりました!

 

特にイベント費は毎月の家計から出そうとすると、その月が赤字になってしまいます。

「赤字だー(泣)」てヘコむこともストレスになりますので、わかっている支出はどこから出すのか計画して、安定した家計を目指しましょうねー!

 

2017年度の毎月の家計簿の予算はこちらです。

合わせてお読みください(*´ω`*)

setuyakuhappylife.hatenablog.com

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。