節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

子どもに100点をあげない私の子育て 向上心を育てたい

子育てのことをずっと書きたくて別ブログを立ち上げようとしたけど、手が回らないのでここで書くことにしたもっちです(*´ω`*)

 

子育ては楽しいし、自分なりに考えて自信を持って子育てをしているんですが、いまのところとってもいい子に育ってくれている我が子たち。

お利口さんなので、母はとってもラクをさせてもらっています(*´∀`*)

 

周りのお母さん達を見ていて、「大変そうだな」「私ならこうするのにな」と思うことが多々あって、気になってしまいます。

人の子育てに口を出すことはできませんが、子育てで困っている人のヒントになることが共有できればと思っています。

今後子育てのことを書くこともあるかと思いますが、こんな考えもあるのかというちょっとしたヒントにしていただければ幸いです(*´ω`*)

 

昨日の出来事で私と違うな思ったことがあったので書き留めておきますね。

 

子どもに100点をあげる?それともあげない??

f:id:setuyakuhappylife:20170607131853j:plain

子育てってすごく頭を使います。

子どもとの知恵比べで、私も負けないようにイロイロ考えます。

 

先日娘が学校のテストで100点を取ってきました。

苦手な国語での100点だったので、私もうれしくなりたくさん褒めました(*´ω`*)

がんばっていることがハッキリわかったので。

 

テストであれば数字でハッキリ現れてくるので、わかりやすく評価しやすいですよね。

100点は100点です!ご褒美モノです。

 

95点をあげる私。厳しいですか?

f:id:setuyakuhappylife:20170607131920p:plain

一方、スポーツって点数化しづらいですよね。

年長の息子がサッカー教室に通っているのですが、行きはじめてそろそろ1年ほど経ちます。

サッカーが大好きで、とっても下手くそだったところから、ゲームでは毎回シュートを決められるほどに成長しました。

 

我が家では「がんばっている人には良いことがある」という考えで、シュートを決めたらお寿司を食べに行く約束になっています。

ただ、シュート決めただけでは我が家は毎週外食になってしまうので(´・ω・`)パパが「ダブルハットトリック決めたら」という無謀な約束をしました(笑)

1試合で6点以上です。ちょっとかわいそうな約束です。

年長といえど、日に日に周りも上達していくので、最近ではそこそこ見応えのある”サッカー”をちゃんとしているんですよ。

 

で。

実は昨日のゲームで、なんと!!

決めてきやがったのです!しかも7点!!

そんなわけで回転寿司をたらふく食べた息子なのでした(*´∀`*)

 

ゲーム終了後、チームメイトがお母さんに、「100点満点中なん点?」と聞いていました。

この光景はとても微笑ましく映ったわけですが、あなただったら何点と答えますか?

 

それぞれとてもがんばった子どもたち。

その子もいつもよりうまくできていて、お母さんは「100点!!」と褒めていました。

その答えもいいと思います。 

 

我が子もいつも以上に点を決めてがんばったので、素直に言えば100点、いや300点あげたいくらいです。

でも、見ていてまだまだ課題が見えました。なので、息子にもし聞かれたら「95点」と答えたかな、と。

 

コーチのアドバイスにうなずくだけでなく、「はい」としっかり返事をしてほしい。

アドバイスの後にあまり実践できていなかった。

 

あとの5点は次回向上してもらうための5点です。

5才児相手に厳しいですよね。自分でも思います。

でもかわいいからこそ厳しくするんです。

 

いまは練習。実際の試合にシュートを決めて勝ったときには100点をあげたいな。

 

まとめ

子育てに正解も不正解もありません。

でも、こんな子に育ってほしいという想いがありますよね。

いまはまだ幼いので目標を立ててあげていて、ヤル気を出させたり練習に付き合ってあげたりしています。

いまはそうやって導いてあげることが私の仕事だと思っています。 

 

100点をあげて、喜んでモチベーションが上がることもあるでしょう。

だけど、サッカーが大好きですでにモチベーションが高い息子。

日々練習しているからこそ、すこし厳しいようにも思えるけど私は95点をあげます。

もっと向上心を持って取り組んでほしいから。

もっと成長して、喜びを知ってほしいから。

 

あなただったら何点をあげますか?

ぜひ子どもがヤル気になる答えを考えてみてくださいね!

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。