読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

シンプルでナチュラルな生活を取り入れた 環境や家族やお財布にもやさしい節約生活

スポンサーリンク

手書き家計簿はノートがおすすめ 項目と書き方のコツを大公開!

家計管理術  家計簿書き方

昨日は貯金体質になるための考え方(方程式)のことを書きました。

参考:お金が貯まる家計の方程式 家計改善で貯金体質に! - 節約+シンプルライフでやさしい暮らし。

 

今日は我が家の家計簿の付け方を大公開しちゃいます!

ちなみに私の性格は几帳面なA型。

 

「きっちり付けたいんだけど、金額あわなくてイライラしちゃう人」

「家計簿アプリの項目や金銭の移行がうまくできなくて挫折しちゃった人」(私です)

 

そんな方にオススメなもっち流『ノート家計簿』の書き方です。

 

家計簿はノートやルーズリーフに書く

新婚当初は、家計簿つけるぞー!って気合い入れてカワイイものを買ったりしてましたね。

でも結局のところ項目が合わなくてうまく使えず、途中で挫折しました。

使わない家計簿にいくら使うんだって話(笑)

 

もう、結局のところ自分が使いやすいようにどんなふうにも対応してくれるノートが一番なんですよ!

ここ5年ノートを試行錯誤しながら、ようやくいまの完成形にたどり着きました。

 

もっち流『ノート家計簿』

ノートとは言いましたが、いま使っているのはA4のバインダー罫線入りのルーズリーフ。

広げるとちょっと場所とりますけどね。

f:id:setuyakuhappylife:20150611120759j:plain

こんな感じで結構細かく書いちゃってます。

左ページは主に予算。右ページに買い物メモ。

 

では詳しく説明していきます。

 

左ページには予算を!項目は大まかに

まずは左ページから解説。

一番上には昨日説明した方程式をメモしてあります。

昔はここに金額を書き込んで、引き算してバランスみてました。

f:id:setuyakuhappylife:20150611123300j:plain

 残りはレジャーって書いてるけど、一向に余らない(;´д`)

 

この順番で上から書いていきます。 

f:id:setuyakuhappylife:20150611124235j:plain

1、収入

給与

賞与

 

2、貯金

貯蓄

住宅用

車用

子ども(教育資金)

 

3、取置

年払分

医療費

スマホ積立

 

この項目は1、2年で使う予定のあるお金

冠婚葬祭費、買い物費、レジャー費などはボーナスから補填しているので、毎月の項目にはなくてもいいかも。

 

4、固定費

住宅ローン

電気代

スマホ代

プロバイダ

ガソリン代

水道代

幼稚園費

 

この固定費ですが、毎月同じ金額で引き落とされるモノと思われている方いますか?

金額は変化しても、毎月絶対引き落とされるモノと思ってください。

我が家は銀行で引き落とされるモノはすべて固定費です。

ここの合計金額を計算して銀行に入れるようにしています。

 

そしたら、ここまでの2~4項目の合計を収入からすべて引きますよ。

 

すると残った金額が変動費に当てられます。

これが今月のやりくり費になります。

 

5、変動費

生活費(食費・日用品費)

お酒代(嗜好品)

お小遣い

病院代

美容院費

予備費

 

やりくり費は細かく分けたくなりますが、大まかでいいと思います。

特に生活費!

食品買う時に一緒に日用品買ったら、別々の袋から出しますか?面倒ですよね。

なので生活費として一緒にしておき、買い物メモの際に分ければいいのです。

 

細かいものは予備費でOK!

いくつもの袋に分けたところで、足りない場合に袋間で貸し借りしてしまうでしょうから、ざっくりいきましょう。

お金に名前書いてないですから(笑)

 

書き方のコツ

f:id:setuyakuhappylife:20150611131407j:plain

 あぁ、なんかゴメンナサイ、字が雑で。

 

左から、項目、給与予算、くりこし、合計。

項目の隣の小さい数字が目標の予算。

毎月給与予算を変えながら、バランスとってます。

旦那様のお給料のみで生活していて、今後もし私が稼ぐようになってもここは変えません。

 

そしてここからがノート、ルーズリーフの賢い使い方!!

 

左側に書いた項目の部分だけが見えるように次のページを切り取ります。

そうすると下のページの項目が見えるので来月は項目を書かなくていいのです♪

毎月項目はほぼ変わらないですしね!

これで手間が省けて続けやすくなります(*´艸`*)

自分流に項目が設定できるし、手間も掛からなくていいでしょ?

  

買い物メモは右ページに。

f:id:setuyakuhappylife:20150611132809j:plain

買い物メモこそ雑ですよー(;´д`) 

縦の列に食費、お菓子、日用品費、お酒代、病院費、美容院費、他、計、残金をわけて記入します。

食品を買い物した際に日用品も一緒に買ったら、日用品費は別に記入しています。

あとお菓子代がいくら掛かっているか知りたかったので別にしてみましたが、これは食費に入れちゃってください。

 

一番右側にお財布に入っている残金を記入します。

お財布には生活費のみ入れているので、3万円から使った金額の残りになるわけですが、多少はズレが生じるもの。

ここは使途不明金など気にせず、お財布の残金を書いておきましょう。

(あまりにズレが大きい場合は何に使ったか思い出してください)

 

また、生活費以外の出費はお財布に入れていないので、ほぼクレジットカード払いです。

カード払いにした場合は、半分より下のほうに記入し請求される金額がわかるようにしています。

使った分は封筒に入れて別に取っておき、締め日に合計を出してまとめて銀行に入れにいきます。

 

最終的にお財布に余るようになれば、買い物メモはいらないと思います。

我が家はまだまだなので、しっかり記入しています。

何を買ったかまでは細かく書くことはしていません。

手間が掛かりすぎると負担になってしまいますからね! 

 

まとめ

ざっくりした説明になってしまいましたが、記入方法伝わりましたかね? 

こんな感じで毎月家計簿を書いています。

続けるコツは、レシートは溜めずにスグに書くこと!!

1分もあれば記入できちゃいます。

溜めると残金も把握できず、予算オーバーになりやすいのでスグ記入を習慣にしちゃいましょう。

あなたの使いやすいようにアレンジして、自分流の家計簿を作ってください♪

そして家計簿を続けてお金の流れを把握しましょう!

 

もしわかりにくいところがあればコメントなどで質問も受け付けますよ(*´ェ`*)

 

もう少し詳しく説明した記事ができました(*´∀`*)

setuyakuhappylife.hatenablog.com

 

 

©2014節約+シンプルライフでやさしい暮らし。
当ブログに掲載されている画像を、無断で他サイトへ転載することはご遠慮ください。 文章を引用する際は、引用元として当ブログURLを記載ください。